スポンサーリンク

【転職時に想定されるチャレンジ】即戦力としてのプレッシャー 転職経験3回の筆者が語る転職時に想定されるチャレンジ

スポンサーリンク
leap ビジネス全般(海外での働き方含む)
スポンサーリンク

この記事でわかる事

転職経験3回の筆者が、

転職時に想定されるチャレンジを紹介します。

事前にどのようなチャレンジが発生しうるのかを想定しておくことでスムーズな転職を実現して頂ければと思います。

下記のような方に読んで頂きたい内容となっています。

  • 転職を検討中
  • 転職が決定し準備中

それではさっそく紹介して行きたいと思います。

金融業界の転職ならマイナビエージェント

転職先企業があなたに期待している事

サッカー
企業があなたに期待する事は「即戦力助っ人」としての活躍です。

結論から言うと、転職先企業はあなたに「即戦力助っ人としての活躍」を期待しています。

その背景を詳しく解説します。

なぜ転職先にとって中途採用が必要になったのか?

新規プロジェクトの立ち上げや前任者の思わぬ他社への転職など想定していなかったポジションに空席が出た場合、当然企業はそのポジションに後任者を用意する必要があります

この際に最も「コストが少なく」「リスクが低い」のは社内の人材を登用する事です。

中途人材の採用に伴うコストが発生せず、そして社内の人物であれば過去の業績や性格なども詳細に知っており転職に伴って発生するリスク(ポジションがあわなかった、期待外れだった)を最小限にとどめる事が出来るのです。

さらに大手企業で余裕のある会社であれば、期待の若手社員にあえてストレッチなポジションを与えて人材育成を試みる場合もあります。

それにも関わらずなぜ中途人材を採用するのでしょう。

社内に適正のある人材がいなかった

社内に「適正のある人材」「専門性をもった人材」などがいなかったため、企業は中途で人材を採用する必要が出てくるのです。

プロ野球やJリーグの助っ人外国人選手と同じような感じだと考えてください。

つまりあなたは転職先で「専門性をもったスペシャリスト」として入社時から活躍する事が期待されているのです。

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

プレッシャー(想定されるチャレンジ)

プレッシャー
プレッシャーを感じる覚悟はしておいた方が良いでしょう。

ここまで読んで頂いておわかりのとおり、最大のチャレンジの一つは

「プレッシャー」です。

あなたは

  • すぐに結果を出す事を求められる
  • 「専門家や成功経験者」として周りから見られ期待される

といったプレッシャーを受ける事になるでしょう。

そして転職先のシステムに不慣れでかつネットワーキングが十分でない状況で結果を出す事は思いの他難しいのです。

どうやって対処すればよいのでしょうか。

【公式】マイナビ金融AGENT

対策

leap
解決策はあります。

安心してください。解決策はあります

そしてこの記事の本質は、事前に想定されるチャレンジを知って覚悟しておくことです。

以下に解決策を紹介します。

入社したらすぐにネットワーキングを開始する

どんな仕事でも一人で成功するのは難しいです。

例え個人的な作業が中心の仕事であったとしてもわからない事があれば社内で誰かに聞いて教えて貰わないといけません。

ここで大事なのがネットワーキングです。

中途入社の欠点の一つは人脈というネットワーキングを失う事にあります。

成功するためにはすぐにネットワーキングを再構築する必要があるのです。

具体的に実施すべき事

下記に具体的に推奨する実施すべき事を列記いたします。

  • 1-1(個人面談)実施
    関連部署や上司、斜め上の上司、同格の他部署、サポート部門など入社したらなるべく多くの人を個人面談を設定して人脈構成をはかりましょう。
  • カジュアルな面談
    特に重要な関係者とはランチやお茶も含めて複数回の交流をもつようにしましょう。

前述したように、あなたは「期待され注目されています」

特に転職初期は個人面談やカジュアルな面談を設定しやすいので積極的にネットワーキングをはかりましょう。

ストレス耐性を獲得する

特に転職初期はストレスが高い状況になる事は想定しておいた方が良いでしょう。

あらかじめ知る事が出来るという事は対処可能という事です。

具体的に実施すべき事

仕事以外に没頭できる趣味を見つけておくと良いでしょう。

また趣味がなかったとしても

自身がストレスを感じた時に心身がどう反応するか過去の経験などをもとに想定しておくと良いでしょう。

ストレスマネジメントの方法は多数ありますが最近ではサプリメントなども活用できます。

MONOVOのCBD【CBDプレミアムオリジナルブレンド300】

それでも私は3回転職した

そのようなチャレンジがあるにも関わらず、ではなぜ私は3回も転職をしたのでしょうか。

それはこのチャレンジを乗り越えて結果を残せば「実績」が残り、次のチャンスを手にしやすくなり自身のキャリアを構築していく事が出来るからです。

具体的に転職でキャリアを構築していく方法は下記の記事でご覧いただけます。

MONOVOのCBD【CBDプレミアムオリジナルブレンド300】

まとめ

この記事では

転職時に想定されるチャレンジである「プレッシャー」に関して紹介しました。

即戦力として期待されるために周りの期待も高くすぐに結果を出す事を求められます。

また自身も転職で成果をださねばという焦りがあり、プレッシャーが高い状況になる事を想定しておいてください。

対策としては転職後すぐにネットワーキングをして関係者へのエンゲージを実施する事。そしてストレス耐性をつける準備をしておくことです

この記事が皆様の転職活動の参考になれば幸甚です。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

マイナビ金融AGENT
転職・キャリアランキング

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました