スポンサーリンク

就職活動 面接官は何を見ている? ~ 面接時の服装

スポンサーリンク
面接服装 ビジネス全般(海外での働き方含む)
スポンサーリンク

就職活動がはじまり、書類選考も合格していよいよ次のステップ面接がやってきます。面接に関しては面接官の立場から色々とお伝えしたい事がありますので少しづつ共有していきたいと思います。本日は面接時の服装に関してお伝えします。

基本事項

まずは面接時の服装が指定されているかどうか確認してください。何も指定されていない場合にはいわゆるリクルートスーツで臨みましょう。

最近はリクルートスーツも種類が増えていて、紺色だけでなくライトブルーなど流行りの色のスーツなども販売されています。

何も指定がない場合には清潔感があり、派手さのないスーツで臨みましょう。

正社員未経験者大歓迎! 東京都内で働きたい方ならどなたでも利用できます!

ビジネスカジュアル可と記載がある場合

こういう記載があると「紺色のスーツに白シャツ(男性ならネクタイ)で参加するとかえっておかしいのだろうか?いやいや、もしかすると本当にビジネスカジュアルで行くとヒンシュクをかうのではなかろうか?」などなど悩ましいですよね。

結論から申しますと

ビジネスカジュアルでもリクルートスーツでもどちらでもOKです。

我々面接官は服装そのものは、あまり気にしていません。

ただし、人柄や提出した書類と服装に不自然さがある方には違和感を感じます。

例えば真面目な人柄をうたっているにも関わらずジーンズで面接に臨んだり、逆にオープンな人柄が売りであるにも関わらずあまりにもかっちりとスーツで参加されていると違和感を感じます。

服装で採用の可否は決まるのか?

よほど場に相応しくない服装でない限り合否への影響はほぼないと思います。

※あくまでも自己責任にてお願いいたします。

ビジネスカジュアル可の場合のおすすめの服装

男性:少し明るめのスーツに白いシャツ、ノーネクタイが清潔感があっていいと思います。周りの様子を見て違和感を感じたらすぐにネクタイを装着出来るようにネクタイは持参しておきましょう。 Yシャツはネクタイを外してもだらしなく見えないカッタウェイなど襟型に気を使うといいと思います。

女性:ブラウスに明るめのジャケットが清潔感をかんじます。アクセサリは控えめがいいように思います。

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

まとめ

面接時の服装で合否が決まる事はないと思いますが、ご自身のキャラクターや書類で提出したエピソードとかけ離れた服装ですと、エピソードに説得性を感じる事が出来ないので注意してください。

みなさまの就職活動が成功する事を祈願しております。

面接に関してお知りになりたい事があればぜひコメントお願いいたします。

expat life エクスパットとして働く - にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
転職・キャリアランキング
人気ブログランキング - 投票処理中

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました