スポンサーリンク

タイガービール工場見学【シンガポールでビール工場見学】(高画質動画もあります)

スポンサーリンク
タイガービール-トンネル シンガポール観光・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事でわかる事

シンガポールと言えば「タイガービール」

この記事ではタイガービール工場見学に関する情報や、実際の訪問をもとにしたレポートを紹介します。

この記事は下記のような方におすすめの内容となっています。

  • シンガポール観光予定がある
  • タイガービールが好き
  • ビール工場に興味がある

こちらの記事の内容は下記YouTube動画でもご覧いただけます。興味があればぜひご覧ください。

毎週チャンネル更新しています。

タイガービール工場見学予約方法

タイガービール工場見学には予約が必要です。

Tiger Brewery Tour Singapore: Home Page - Official Website
Tiger Brewery Tour - Official Website Tour Reservations and Brewery Tour Information Corporate Event Packages Contact us

上記サイトからアクセス。「Are 18 or older?」をYesと答え「Buy Ticket」から日時を決めて予約しましょう。

私が訪問した際には予約なしで入る事が出来ましたが、時期的にコロナ明けから時間がたっていない事もあり訪問する人が少なかったためかと思われます。

タイガービール工場の周辺には他に娯楽施設などないのでせっかく行ったのに入場出来ない、なんて事態ならないように事前に必ず予約をしておきましょう。

営業時間

Monday to Thursday

1:00pm , 3:00pm , 5:00pm
Friday to Sunday
1:00pm, 2:00pm, 3:00pm; 4:00pm, 5:00pm

Closed on Public Holidays

月曜から木曜日 1:00pm, 3:00pm, 5:00pm

金曜日から日曜日 1:00pm, 2:00pm, 3:00pm, 4:00pm, 5:00pm

料金

  • 大人平日: 23 SGD(シンガポールドル)約2,400円
  • 大人週末: 25 SGD 約2,700円
  • 子供毎日: 15 SGD 約1,500円

アクセス

tiger-beer-mrt

タイガービール工場があるのは地図の赤い囲みの一番上の駅「Tuas West Road」となります。ただし駅から工場までは徒歩15分近くかかるのでJoo Koonから182もしくは182Mと書かれたバスに乗ると近くまでアクセスできます。

シンガポールは日本に比べてタクシー運賃が安いので余裕がある方はタクシー利用がもっとも便利だと思います。

写真とともにタイガービール工場見学ツアーを紹介

タイガービール工場-外観

こちらがタイガービール工場です。この奥に工場見学のエントランスがあります。

タイガービール工場-エントランス

こちらがタイガービール工場見学ツアーのエントランスです。

自動扉の中に係りの方がいらっしゃって予約画面を見せて登録します。

タイガービール工場-待合室

受付が終わると待合室でツアー開始まで少し待つ事になります。待合室にはタイガーやビールを模したチェアーなどあり早速写真撮影を開始している方もいらっしゃいました。

私の場合ツアーは20名くらいのパーティーで私の他に日本人のカップルと現地ガイドらしき方(おそらくシンガポーリアン)がいらっしゃいました。

タイガービールの歴史

ツアーがはじまりました。ツアーの全体像の解説があります。残念ながら英語のみです。慣れない方はシンガポール訛りの早口な英語は少し難しいかもしれません。

タイガービールの成り立ち

タイガービールが世界的なビール銘柄に成長するまでの歴史などを説明してくれます。

【シェーン英会話】
タイガービールグッズ

昔のビールボトルやタイガービールグッズが展示されています。

タイガービール-お土産

最新のタイガービールグッズも展示してあります。これらのグッズはお土産屋さんで購入可能です。

タイガービール-マリーナベイサンズ

タイガービールの缶で作られたマリーナベイサンズです。記念撮影にいいですね。

タイガービール-工場

いよいよタイガービール工場の見学開始です。工場内は撮影禁止の場所が多いため撮影可能な場所のみの紹介となります。

ビールの原料

こちらはビールの原料となる麦芽を触ったり匂ったりできるコーナーです。

海外人財データベース&スカウト+キャリマ!
ビールのタンク

このタンクの中でビールが作られるようです。

タイガービールの瓶詰

こちらではタイガービールの包装などを見学できます。

写真撮影可能な場所が少ないので他の工場内部の様子はぜひ訪問して見学してみてください。

タイガービール-トンネル

工場見学が終わると写真のタイガービールの瓶のトンネルを通って室内施設に向います。

タイガービール-マーライオン

中にはタイガービールの缶で作られたマーライオン様がいらっしゃいました。

この施設内でタイガービールの注ぎ方を教えてくれます。

タイガービール試飲会場

これにて工場見学終了、待ちに待った試飲(サンプリング)の時間です。

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】
tigerbeer-sampling

入場時にタイガービールのサンプリングチケットを5枚渡されました。

私は予約なしで訪れて参加したので紙でしたが、予約した方はデジタルトークンでの支払いのようでした。

タイガービール試飲メニュー

こちらがサンプリングできるビールのメニューと必要なトークンの数です。ほとんどのビールが1 tokenで試飲できますがタイガービール以外の外国の銘柄を頼むと2 token必要となります。

ビール

ビールの量は1杯 120ml、小さなグラス一杯分です。5杯飲んだとしたら600ml、缶ビールの大より少し多いくらいの量です。

オーディオの高価買取【バイセル】

まとめ

在住者が紹介するシンガポール。今回は「タイガービール工場見学ツアー」の様子を紹介しました。

今後もシンガポール情報を発信して行きますので興味がある方は下記からフォローして頂けると嬉しいです。

expat life エクスパットとして働く - にほんブログ村

シンガポールで取材して欲しい場所があればコメント欄(ページ最下部)にコメント頂けると幸甚です。

シンガポールや世界の街の様子を紹介するYouTubeを運営しています。こちらもご覧頂けると嬉しいです。

面白いと思った方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

シンガポールランキング
シンガポールランキング

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました