スポンサーリンク

シンガポールで最もおいしい麵料理はこれだ!!【ビャンビャン麵】これが読めたらシンガポール通!?「トアパヨでビャンビャン麵を楽しもう!!」

スポンサーリンク
極太面 シンガポール観光・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事でわかる事

現役シンガポール在住の筆者が「シンガポールで一番おいしい麺料理・ビャンビャン麵」を紹介します。

この記事は下記のような方におすすめの内容となっています。

  • シンガポール旅行の予定がある
  • シンガポールで美味しい料理が食べたい
  • 食べ歩きが好き
  • 観光地だけでないシンガポールの魅力を味わってみたい
  • 美味しい麺料理が食べたい

この記事の内容は下記YouTubeでもご覧いただけます。

興味があればご覧頂けると嬉しいです。

(ビャンビャン麵は04:22から)

面白いと思った方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

ビャンビャン麵とは

「ビャンビャン麵」は日本ではあまり知られていない麵料理ですが、世界一画数の多い漢字の麵として知られています。

ビャンビャン麵

こちらがその漢字です。(お店の看板の写真)

普通にパソコンで変換しても出てこないかなり複雑な漢字ですね。

ビャンビャン麵の名前の由来ですが、叩きつけて伸ばしながら麵を作っていくときの音が「ビャンビャン」と聞こえる事からその名前が付いたとの事です。

ビャンビャン麵を食べるならToa Payoh(トアパヨ)で

ビャンビャン麵を食べたいと思ったらToa Pahoh(トアパヨ)へ向かいましょう。

トアパヨ駅

Toa Payoh(トアパヨ)へはNorth-South Line(赤色の路線図の地下鉄)で行けます。シンガポールの銀座と呼ばれるオーチャードからたった3駅なので、思いのほか気軽にトアパヨへアクセスできます。

Toa Payoh(トアパヨ)駅についたら「Food Alley」を探しましょう。下記に地図を貼っておきます。

Google マップ
food-alley

慣れていない方には少しわかりにくいかもしれません。上記写真の看板を探してください。お店はFood Alleyの中にあります。

biang-biang-noodle

こちらが「ビャンビャン麵」の名店「Biang Biang Noodle Xi’an Famous Food」です。

メニュー

こちらがお店のメニューです。

  • Biang Biang 面 二合一 5.9 SGD(約590円)
  • Biang Biang 面 三合一 6.9 SGD(約690円)

の二種類があり、違いは三合一には豚肉が入っています。迷ったらまずは三合一(豚肉入り)を試してみてください。

ビャンビャン麵を食べてみよう

ビャンビャン麵の見た目

ジャジャーン。こちらがビャンビャン麵です。

ピリッと辛みがありながら(とは言え辛みは適度で辛いのが苦手な方でも食べやすいです)、黒酢とトマトのタレがなんとも絶妙に絡みあい「旨い」の一言

極太面

こちらがビャンビャン麵の「極太麵」です。

モチモチの麵にしっかりとタレが絡み、美味しすぎます!!

癖になる味」で筆者はたまに無償にビャンビャン麵が食べたくて、わざわざToa Payoh(トアパヨ)へ向かいます。

金融業界の転職ならマイナビエージェント

ビャンビャン麵だけでないToa Payoh(トアパヨ)の魅力

トアパヨ街並み

Toa Payoh(トアパヨ)の魅力はビャンビャン麵だけではありません。

ここトアパヨは日本人がほとんど住んでおらず、また観光で来る方もマレな場所

キラキラとしたシンガポールだけではなく、シンガポールのローカルな街の雰囲気を味わえるのがここ「トアパヨ」です。

何度もシンガポールに観光に来た事がある方でも、トアパヨに来ると新たなシンガポールの一面を知る事が出来ますよ。

トアパヨの様子は下記YouTubeでご覧いただけます。興味があればご覧ください。

シンガポールの違った一面をお楽しみください

まとめ

シンガポールでもっとも美味しい麺料理「ビャンビャン麵」を紹介しました。

シンガポールの魅力を今後もお伝えして行きます。下記からフォローして頂けると嬉しいです。

expat life エクスパットとして働く - にほんブログ村

シンガポールの魅力をお伝えするYouTubeも運営しています。ご覧頂けると嬉しいです。

チャンネル登録して頂けると嬉しいです。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


シンガポールランキング

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました