スポンサーリンク

【海外駐在員になる方法】現役駐在員が紹介するチャンスの掴み方5選 どうやったら海外駐在員になれるの?

スポンサーリンク
シンガポールの会議室 ビジネス全般(海外での働き方含む)
スポンサーリンク

海外で働いてみたい。海外で自分の実力を試してみたい。漠然と、もしくは目の前の目標として海外駐在員になるチャンスを真剣に考えていらっしゃる方も多いかと思います。

ところが多くに方は受け身の姿勢で「いつか海外駐在員になれるかもしれない」とか「会社がチャンスをくれるかもしれないから待っておこう」といった具合に自ら行動に移していない方が実に多いのです。

確かに幸運にも受け身の姿勢、待ちの姿勢で海外駐在員のチャンスを得る事が出来る方もいらっしゃいますし、中には希望していないにも関わらず海外派遣となる方もいらっしゃいます。

しかしあなたが心から海外駐在員になりたいのであれば受け身ではなく、能動的な行動でそのチャンスを得る事を検討した方がいいかもしれません。

本日は現役駐在員である私が海外赴任のチャンスを得るために実践した事5選を紹介します。

これから海外駐在員を目指す方にとって参考になれば幸いです。

現在与えられている仕事で結果を残す

これは基本にして絶対のルールです。

海外駐在員になると現在与えられた仕事よりも「複雑性が高く」「責任範疇が広い」業務に就くことが想定されます。

実際に私の場合の例を紹介すると

複雑性:日本市場だけでなくアジア各国の商習慣や法令などを理解しないといけない。また文化的な背景を理解しておくことも重要

責任範囲:日本だけでなくアジア各国の担当商品の全責任をもつ(いわゆる人・物・金といわれる要素)

という風に日本で働いていた時よりも責任範囲が広がり複雑性も増したため、日々努力が必要です。

現在与えられている仕事で結果が出ていないのに海外駐在員になるのは難しいでしょう。

まずは現在与えられている仕事で結果を出しましょう。

海外で働きたい希望がある事を意思表示しておく

日本人は自分の意思を伝えるのが比較的苦手だと思います。

「海外で働いてみたい」と考えていても、その意向を上司や人事に伝える事がなく

「いつかチャンスが来るといいなぁ」と待っている人がとても多いのです。

私が日本でチームを持っている時にも、こちらから「将来何をやりたいですか?」と質問しても「海外で働いてみたい」(私の働いている会社では少ないながら海外で働くチャンスがあります。)という部下は一人もいませんでした。それでも中には一生懸命英会話に通っている部下なんかもいたりして、

「もしチャンスがあれば海外で働いてみたい?」と聞くと

「はい。実はそうなんです。」という具合にはじめてその意思を伝えてくるような様子でした。

ところがこのように受け身では海外派遣のチャンスを掴む事は出来ません。

海外派遣のチャンスを得る人は

直属上司だけではなくその部門長や社長までもが、本人に海外で働きたい意向がある事を知っており、かつ受け入れ先や欧米本社(私は欧米に本社をもつ企業に勤めています)にすらその意向が伝わっている事が多いのです。

つまり聞かれてはじめて海外駐在員になりたいと意思表示するようでは弱いのです。

本当に海外で働きたいなら機会がある度に何度でも(一度ではなく繰り返し)海外で働きたい意思がある事を直属上司だけでなく人事権を持っている人に伝えてください。

ちなみにこれで先ほど記載した事がよく理解いただけたかと思います。

現在与えられた仕事で結果を出せていないのにも関わらず意思表示をしても誰も聞いてくれないでしょう。

露出を高める

上記2つのポイントを押さえたら次にやる事は受け入れ先になる国に対してあなたの露出を高める必要があります。

例えばあなたがイギリスで働きたかったとします。

現在の仕事で結果も出し、日本の人事権をもった人もみなあなたがイギリスに行きたい事を知っています。

ところがもし受け入れ側のイギリスの人事採用者があなたの事を全く知らなかった場合果たしてイギリスで働く事は叶うでしょうか。

海外駐在員になるためにはライバルと比べて目立っていないといけません

ライバルの中であなたは選ばれないといけません。

実際に私が海外駐在員になるための過程で目にした駐在の候補者として相応しい要件の一つには、「該当国・エリアにおいて広く認知され、高い露出がある事」と記載されていました。

ではどうやって露出を高めればいいのでしょうか。

これも①のポイントに関連し、現在の仕事で結果を出す事が露出を高める最良の方法です。

結果を出すことで成功例のプレゼンの機会を与えられ、重要な会議へ招聘されるようになります。

こうやって自ずとあなたの露出は上がってきます。

人脈をつくる

上記のようにプレゼンの準備や重要な会議の招聘を通じてあなたは今までよりも多くの人達と交流する機会が生まれます。

私のように外資系で働いていれば多くの外国人とコミュニケーションをとる機会が増えてきます。

この機会を活かして積極的に人脈形成をしましょう。

具体的に私は会議で出会った人達をは個別会議を設定してプライベートも含めてお互いをしる機会をつくり人脈を作っていきました。

この人脈があなたの海外派遣の夢をサポートしてくれる事があります。

あなたを採用するかどうか迷っている将来の上司があなたの事を知りたくて色々な人にあなたの人柄も含めて知ろうとするでしょう。良い人脈を持っていれば必ずあなたに対する良いフィードバックをあなたの将来の上司にしてくれると思います。

英語

語学は終わりのない鍛錬です。来るべきチャンスに備えて毎日時間を決めて英語を勉強しましょう。

私は毎朝早めに出社してオフィス近くの喫茶店で必ず1時間英語を勉強していました。

英語学習のコツは学習を習慣化させることです。

歯を磨くように、「英語勉強しないと気持ち悪いな」と思うようになるように習慣化させていきましょう。

まとめ

海外駐在員になるチャンスを摘み取るコツ5選を紹介しました。

これらはすべて私が実践した事です。

そして周りの海外駐在経験がある人にも共通している事でもあります。

待ちの姿勢ではなく、積極的に行動して海外駐在員のポジションを勝ち取ってください。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました