スポンサーリンク

モンマルトルの丘【パリでもっとも人気の観光スポット】高画質動画あり 

スポンサーリンク
パリの街並み シンガポール観光・生活
スポンサーリンク

この記事でわかる事

パリ観光で欠かせない観光地の一つ「モンマルトルの丘」へのアクセスや見どころなどを知る事が出来ます。

下記のような方にお勧めの記事となっています。

  • モンマルトルの丘へ観光予定
  • サクレクール寺院を見てみたい
  • パリ観光で行く場所を検討中

こちらの記事の内容は下記YouTubeでもご確認頂けます。

よろしければご覧ください。

面白いと思った方はチャンネル登録お願いいたします。

ヨーロッパにいくならここをチェック★日本旅行の海外ツアー♪

モンマルトルの丘・基本情報

パリでもっとも高い丘、そして多くの芸術家が愛して「モンマルトル」の基本情報をお伝えします。

アクセス

Google マップ

メトロでのアクセスがおすすめです。

12号線 アベス駅(Abbsses)が最寄り駅となります。

メトロのチケットの種類や購入方法は下記の関連記事をご覧ください。

注意点としてはこのアベス駅、地上までの階段がとても長いので、足腰に自信がない方は並んででもエレベーターに乗る事をお勧めします

メトロ

モンマルトルの主な観光地を紹介

アベス駅からモンマルトルの丘を登りながら訪れる事が出来る観光名所を紹介します。

ジュテームの壁

ジュテームの壁

フランス語で「愛してる」を意味する「ジュテーム」。

ここには世界各国の言葉で「愛してる」の言葉が書かれています

なんと250もの言語で311の「愛してる」が書かれています。

日本語でも書いてあります。

よく見るとフリガナがおかしかったりしますがご愛敬。

フォトジェニックな「映えスポット」として世界中で人気の観光地です。

空港や銀行よりも、お得なレートで両替できる。
送料無料・代金引換OK・14時〆切当日発送 【外貨両替マネーバンク】

フニクレール

フニクレール

Funiculaire(フニクレール)はフランス語でケーブルカーの意味です。

モンマルトルの丘を登り「サクレクール寺院」や「テルトル広場」へ向かうには急な階段を登る必要があります

時間に余裕があり体力に自信がある方はいいですが、時間を倹約したい方はフニクレールで一気に上まで登ってしまいましょう。

チケットは地下鉄と共用なので、メトロの回数券をもっている方はそれを使ってフニクレールに乗車できます。

メトロのチケット購入方法は上記に関連記事があるのでそちらをご覧ください。

旅工房で格安航空券を検索&予約

サクレクール寺院

サクレクール寺院

「聖なる心臓」を意味する白亜の教会「サクレクール寺院」

パリを訪れたら欠かせない観光地の一つです。

外見だけでなく中に入ると壮大で美しいモザイク画に目を奪われます。

480㎡のモザイク画は世界最大級。教会内の美しさにも息をのみます。

パリの街並み

サクレクール寺院前の広場からはパリの街並みが一望できます。

同じくらいの高さで統一された建築物が広がる街並みはとても美しく、「パリが世界一美しい街」だという人の言葉が理解できますし、ここモンマルトルを芸術家たちが愛した理由がよくわかります。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

テルトル広場

テルトル広場

テルトル広場では多くの画家が似顔絵や風景がを書いています。

時間があれば記念に似顔絵を描いてもらう事も可能です。

カフェも多く立ち並ぶエリアなので、ブランチを楽しむのもいいですね。

ブランチ

写真は私が注文したモーニングセット。

クロワッサンがとても美味しかったです。

何よりも雰囲気が最高です。

お土産

ばら撒き用のお土産購入には時間がかかりますし、何よりもスーツケースの場所をとってしまいます。特に荷物の重量には制限があるので、お土産を買い過ぎて手荷物の重量オーバー、超過料金を支払うなんて事になると大変です。

ばら撒き用のお土産はネットで購入をする事をお勧めします。

下記JTBサイトで「フランス」で検索するとたくさんお土産が出てきますのでネット購入もおすすめです。

日本&世界の名産品をお取り寄せ&お土産に【JTBショッピング】

まとめ

メリーゴーランド

パリ観光で欠かせない「モンマルトルの丘」を紹介しました。

皆様のお役に立てば幸甚です。

シンガポールを中心とした世界の観光地やローカルな街の様子を紹介するYouTubeをチャンネルを運営しています。毎週更新していますのでご覧頂き、面白いと思ったらチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

expat life エクスパットとして働く - にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました