スポンサーリンク

【Raffles Placeを楽しむ】現役駐在員が紹介するシンガポール。シンガポールの大手町!?ラッフルズ・プレイス

スポンサーリンク
風景 Raffles place シンガポール観光・生活
スポンサーリンク

Raffles Placeとは

RafflesPlace

シンガポールを代表するオフィス街、それがRaffles Placeです。

日本人で駐在員として働いていらっしゃる方の多くも、ここRaffles Placeで勤めていらっしゃると思います。

私の勤務先もここにありまして、weekdayの大半をここRaffles Placeで過ごしています。

そんな現役駐在員の私がRaffles Placeのおすすめスポットを紹介します。

シンガポールに観光にいらっしゃる方にもおすすめポイントがございますので是非ご参考にしてください。

Raffles Placeで訪れるべきエリア

Fullerton Hotel

fullerton hotel
シンガポール国旗がはためくFullerton Hotel。老舗ならではの行き届いたサービスを堪能できます。

シンガポールを代表するホテルとして有名なFullerton HotelもこのRaffles Placeにあります。

歴史のあるここFullerton hotelは1996年までは中央郵便局でしたが再開発によってホテルとして生まれ変わりました。

宿泊以外にもアフタヌーンティーやランチを楽しむ方も多くマリーナベイサンズと並びシンガポールを代表するホテルですので足を運んでみるのもよいでしょう。

Boat Quay

boat quay
金曜日の夕方は特ににぎやかなエリアです。

海運業が盛んであったシンガポールの歴史的地区の一つがここBoat Quayです。

現在ではシンガポール川沿いに多くのオープンエアのオシャレなレストランが立ち並びます

Raffles Placeで働く会社員だけでなく観光客も多いエリアで、サテ(シンガポールやマレーシアの焼き鳥)をはじめとしたローカル料理や各国料理が楽しめます。

Raffles Placeで働く方にお勧めのエリア

One Raffles Place

ORP
ランチタイムはオフィスビルから多くの方がランチに訪れ混みあいます。

ランチタイムに使用頻度が高いのがここOne Raffles Placeです。

各国料理を楽しめるここRaffles Placeですが特に和食が充実しています。

よくランチを楽しむ和食レストランを紹介します。

シンガポールのグルメマップ 食べるガイド【電子書籍】[ マンゴスティン倶楽部編集部 ]

価格:440円
(2022/9/18 14:49時点)
感想(0件)

Healthy Soba – IKI –

夜は日本人の団体客で賑わっています。私は一人なのでちょっと羨ましく思ったりする事もあります。

「蕎麦」と「ミニ丼」のセットメニューが気に入っています。

私の職場は日本人が一人しかいないので、同僚とここに来ることはなく、一人でランチの時にここIKIの蕎麦を楽しんでいます。

一人サラリーマンに囲まれて蕎麦をすすっていると日本なのかシンガポールなのかわからなくなりそうです。

ごち惣食堂

豚

テイクアウトのお店ですが、イベリコ豚を使った「豚丼」「とんかつ弁当」そして「海鮮丼」が楽しめるお店です。

お昼時は結構お店が混みあいますので、そういう時にはここでお弁当を買ってofficeの共有スペースでランチする事も多いです。

Raffles Place付近のOfficeはマリーナベイサンズを望む眺望を楽しむ事が出来るビルも多く美しい景色を眺めながら食べるお弁当も格別です。

Change Alley Mall

CAM

Change Alley MallはここRaffles Placeでも新しいモールの一つです。

モールにはスターバックスコーヒーをはじめとしたコーヒーショップやお洒落なレストランが多くお勧めのモールの一つです。

黒豚とんこつ金田家

kanedaya

仕事中に突然ラーメンが食べたくなったりしませんか?

私は日本でたまにランチで豚骨ラーメンを食べていたからか、無性に豚骨ラーメンを食べたくなる時があります。

そんな時におすすめがここ金田家です。

濃厚な豚骨ラーメンをお楽しみください。

突然手土産が必要になったら

The Arcade

arcade

突然の来客や同僚や顧客の自宅に訪問、なんて時には手土産を買って行きたいですよね。

仕事の休憩時間にウロウロと手土産を探すのは大変ですが、ここThe Arcadeで悩まずに手土産購入が可能です。

このモールはとてもローカル色が強いモールなのでウィンドウショッピングをしても楽しいかもしれません。

Bengawan Solo

pandan
The Arcade入ってすぐ右手にあります。(1階)
cake
1ロール16SGD。手ごろな価格です。
パンダンかっと
しっとりフワフワで美味しい!

突然手土産が必要になっても大丈夫。

Bengawan Soloのパンダンケーキは皆に喜ばれる手土産です。

ここのパンダンケーキはシンガポール人の同僚に教えて貰いました

子供から大人までパンダンケーキは皆に人気のお土産なので、突然友人の家に行く事になったりお客さんを訪問する事になった時にここで買えば間違いない。との事でした。

実際に購入して食べてみました。

カットするとパンダンリーブの綺麗な緑色をしています。

食感はカステラをさらにフワッフワにしたようで、ほんのり甘くとても食べやすく美味しいです

子供からお年を召した方までパンダンケーキが人気なのがよくわかりました。

Raffles Placeへの行き方

  • MRT North-South line (ノースサウスライン:赤色の路線)Raffles Place駅下車
  • MRT East West line (イーストウェストライン:緑色の路線)Raffles Place駅下車

まとめ

Raffles Placeはオフィス街ですが実は探検してみると魅力のある街の一つです。

シンガポールで働いてらっしゃる・これから働く方の多くはRaffles Place近辺にオフィスがあるかと思います。

また観光でシンガポールにいらっしゃる方も、あの有名な「マーライオン」を見学する際にこのRaffles Place駅を利用されるかもしれません。

素通りするだけでは勿体ない!のでぜひRaffles Placeを楽しんでください!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました