会議で使える英語フレーズ⑬【詳しく説明してください。って英語で言えますか?】現役駐在員が紹介する「覚えて明日から使える英語フレーズ」

スポンサーリンク
明確にする ビジネス全般(海外での働き方含む)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事でわかる事

英語のビジネス会議においては、よく使われる汎用フレーズが存在します。

これら汎用フレーズを覚えておくだけで、会議での発言がスムーズになります。

シンガポールで社内唯一の日本人として外資系企業で働く現役駐在員が、ビジネス会議で使われる汎用英語フレーズを紹介します。

この記事は下記のような方におすすめの記事となっています。

  • 海外勤務が決まっていてビジネス英語を覚えたい
  • 外資系企業で働いていて英語の会議に参加する機会が多い
  • ビジネス英語を学びたい

関連記事が下記にあるので興味がある方はご覧頂けると嬉しいです。

Clarification(明確にする事)の重要性

明確にする
良い決断をするためには、発言者の意図を正しくとらえる事が重要です。

会議における発言は、時に言葉足らずであったり、そして論点が明確でないためにあなたにとってわかりにくいものであったりします。

しかしながら、会議で何かを決断するためには、そのような不明瞭なポイントはすべて明確化(clarification)していく必要があります。

とは言え

Please say it again?

を繰り返すのもビジネス会議に参加する立場ではもの足りないですよね。

そこで今回はclarificationの際に使う英語フレーズを紹介して行きます。

Clarificationで使う英語フレーズ

それでは早速紹介して行きましょう。

Could you elaborate on that?

「詳細を説明して頂けますか?」「詳しく話して頂けますか?」

Sorry, I’m not sure what you were aiming at. Could you explain it a bit?

「あなたが(伝えたい)目的をよくかっていないと思いますので、申し訳ございませんが詳しく説明して頂けますか?」

Could you go into a little more detail?

「詳細をもう少し詳しく説明して頂けませんか?」

go into~

「詳しく述べる」

例)I’m going to go into this topics again.

「もう一度この議題に関して詳しく述べましょう。」

子ども英会話ペッピーキッズクラブ

Could you tell me what you mean by…?

「~とは何(を意味する)か教えて頂けませんか?」

mean by

「意味する」

例)What do you mean by AP?

「APってなんの意味ですか?」

Let me check if I understood you correctly. Did you say that…?

「私があなた(の発言)を正しく理解出来ているかどうか確認させてください。あなたが言いたかったのは~ですか?」

あごが落ちるほど旨いキムチ【おつけもの慶】

Could you be a little bit more precise, please?

「もう少し詳細を説明頂けますか?」

Can you expand on that?

「それ(その話)をもう少し(説明を)広げてください。」

まとめ

今回はClarificationで使える英語フレーズを紹介しました。

覚えて明日から会議で使ってみてください。

少しでも皆様のお役に立てば幸甚です。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

expat life エクスパットとして働く - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

人気ブログランキング - 投票処理中

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました