スポンサーリンク

シンガポール・ホーカー放浪記 Part-10【シンガポールで最も有名なホーカーセンター】Maxwell Food Centre(マックスウェル・フード・センター) 高画質動画あります

スポンサーリンク
天天海南鶏飯-6 シンガポール観光・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事でわかる事

シンガポール在住者による「ホーカーセンター放浪記」。今回紹介するのはシンガポールで最も有名なホーカーセンターだと言っても過言ない、Maxwell Food Centre(マクスウェル・フード・センター
を紹介します。

この記事は下記のような方におすすめの内容となっています。

  • シンガポール観光の予定がある
  • おいしいチキンライスを食べたい
  • 食べ歩きが大好き

この記事の内容は下記YouTubeでもご覧いただけます。興味がある方はぜひご覧ください。

シンガポールのみどころ、観光地、観光では行かないローカルな街の様子を毎週紹介しています。

Maxwell Food Centre基本情報

maxwell-1

Maxwell Food Centre(旧:Maxwell Market)はSouth Bridge RoadとMaxwell Roadの交差点に位置します。

maxwell-2

MRT Thomson East-Coast Line(トムソン・イーストコースト・ライン)Maxwell駅の真上にMaxwell Food centreは位置しています。約100軒もの屋台が軒を連ねミシュランに載るような有名店もあり観光客にも地元の方にも大人気のホーカーセンターです。

営業時間

8:00 am – 2:00 am

注意点としては午後3時から5時くらいの時間や深夜の時間帯はお客さんも少なく、閉まっている店舗も多いです。有名店に行くのなら並ぶの覚悟でピークタイムより少し早めの時間を狙うと良いと思います。(例:午前11時、午後2時など)

Maxwell Food Centreの歴史

Maxwell Food Centreの前身となるMaxwell Marketは1928年11月17日に開業されました。もともとは地元の方が使うウェットマーケットだったのですが、その後安価で栄養価の高い食事を提供する事を目的としたレストランが開設されました。1946年に開設された最初のレストランは一皿8セントで食事を提供していたそうです。

その後1987年にフードセンターに改装されます。2000年に一度閉鎖されたものの320万ドルの改装費を経て2001年5月に再オープンしました。

シンガポールのホーカーランキングでも度々Best Hawkerに選ばれた大人気ホーカーセンターとして今も多くの観光客や地元民でいつも賑わっています。

写真とともにMaxwell Food Centreを紹介

maxwell-2

Maxwellの駅についたら2番出口に向かいましょう。

maxwell-3

駅を出るとすぐ隣にMaxwell Food Centreがあります。

今回は筆者が好きなMaxwellのお勧めのお店、2店を紹介します。

50年代 The 1950’s coffeeのカヤトーストセット

maxwell-4

筆者がMaxwellで朝食をとるときの定番がここ「50年代のカヤトーストセット」です。

maxwell-3

カヤトーストとアイスコーヒーのシンプルなセットです。

写真はKopi(コピ)。シンガポールではコーヒーはKopiといいます。Kopiには様々な種類がありますが基本的には下記を覚えておくと良いでしょう。

  • Kopi (コーヒー+コンデンスミルク<砂糖入りの練乳>)
  • Kopi O (コーヒー+砂糖)
  • Kopi O Kosong (コソンとよび、マレー語でゼロの意味です。ですのでKopi Oの砂糖ゼロという事でブラックコーヒー)

写真はIced Kopiです。シンガポールのコーヒーは甘くて濃厚。美味しいですよ。

カヤトーストセット

こちらが「カヤトーストセット」です。どこのお店で頼んでもこの3点セットは変わらないと思います。

  • カヤトースト(カヤジャムとバターをたっぷり塗ったサックとしたトースト)
  • 半熟卵(卵にカヤトーストを浸して食べます)
  • Kopi
カヤトーストの卵

半熟の卵はスプーンで叩いて割って中身を出します。

カヤトーストの卵-2

お好みでソースや塩コショウをたして

カヤトーストの卵-3

お好みでかき混ぜます。個人的には完全にかき混ぜ切らず、黄身と白身が残っている方が好みです。

カヤトースト-3

カヤトーストをディップしていただきます。

カヤトーストの甘みを卵の濃くが際立て、ソースの塩気が抜群にあいます。シンガポールに来たらぜひ試してみてください。

天天海南鶏飯 Tian Tian Hainanese Chicken Rice

天天海南鶏飯-1

Maxwell Food Centreにとどまらず、シンガポールを代表するチキンライスの有名店の一つがここ、「天天海南鶏飯」です。

いつも大行列が出来る有名店で、日本のガイドブックにも必ずという程掲載されています。

天天海南鶏飯-2

チキンライス(M)サイズが一番の人気メニュー。お値段は6シンガポールドルと少しお高めですがそれでも約600円です。男性の方だとMサイズだと少しもの足りないかもしれませんので(L)サイズ 8.8 SGDがおすすめです。

天天海南鶏飯-3

シンガポールや東南アジアはお店でもスーパーでも鳥の頭がついたままなので、渡星当初は大変驚きました。

天天海南鶏飯-4

シンガポールベストフードやミシュランに掲載された誰もが知る名店です。

天天海南鶏飯-5

こちら(M)サイズです。見た目も美しい!!

天天海南鶏飯-6

しっとりとし食感で旨味たっぷりのチキンと出汁の効いたご飯が最高にあいます。

やっぱりシンガポールのソウルフード「チキンライス」は最高です。

ぜひシンガポールに来た際には試してみてください。

シンガポールのホーカーセンターに関しては他にも記事を書いていますので興味があればぜひご覧ください。

観光地としても有名なラオパサ
その他ローカルなホーカーセンターも紹介しています。

まとめ

在住者が紹介する「ホーカーセンター放浪記 Part-10」。今回はMaxwell Food Centreを紹介しました。

これからもシンガポールの見所や観光では行かないローカルな街の様子を紹介します。興味がある方はぜひ下記からフォローして頂けると嬉しいです。

expat life エクスパットとして働く - にほんブログ村

シンガポールや世界の街の様子を紹介するYouTubeも運営しています。こちらもご覧頂けると嬉しいです。

毎週チャンネル更新しています。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

シンガポールランキング
シンガポールランキング

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました