スポンサーリンク

RuNam d’or(ルナム・ドール)【ベトナム・ホーチミンで最高にオシャレなカフェに行ってみた】(高画質画像あります)

スポンサーリンク
runam-d'or シンガポール観光・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事でわかる事

ベトナム最大の都市・ホーチミン(サイゴン)でもっともオシャレなカフェ、RuNam d’or(ルナム・ドール)を紹介します。

この記事は下記のような方におすすめの内容となっています。

  • ベトナム・ホーチミン(サイゴン)に訪問予定がある
  • ホーチミンでカフェを楽しみたい
  • 世界の街での食べ歩きが好き

この記事の内容は下記YouTube動画でもご覧いただけます。興味がある方はぜひご覧頂けると嬉しいです。(RuNam d’orの様子は1:39からご覧いただけます)

RuNam d’or(ルナム・ドール)基本情報

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

RuNam d’or(ルナム・ドール)はホーチミンの中心部・1区に位置します。観光地として有名なノートルダム大聖堂やサイゴン中央郵便局から徒歩5分という立地も魅力の一つです。

フレンチ住宅を改装した店内はゴージャスで高級感に溢れています。

提供される食事は伝統的なベトナム料理をベースとしながらフレンチや現代風にアレンジされており大満足間違いなしです。

英語のWebページですが詳細は下記からご覧いただけます。予約も下記Webページから可能なのでぜひご利用ください。

https://runamdor.tqdesign.vn/#slide-5

RuNam d’or(ルナム・ドール)を写真で紹介

それではRuNam d’or(ルナム・ドール)の様子を写真とともに紹介してまいりましょう。

runam-d'or

こちらがお店の入り口です。緑が多く店構えから高級感が溢れだしています。

ルナムドール

こちらが店内の様子です。高級感溢れる家具や装飾品で飾られた店内は「豪華」の一言。地元のマダムや外国人のお客さんが多くいらっしゃいます。

ルナムドール-コーヒー

まずはコーヒーを頂きましょう。こちらは「ホワイトコーヒー」です。しっかりとした強めのコーヒーとミルクの甘さが絶妙にマッチしたアイスコーヒーに癒されます。

ルナムドール-バインミー

こちらはベトナムを代表するローカル料理「バインミー」です。路上の屋台でもよく見かけるローカルフードですが高級カフェのバインミーはやはり一味も二味も違います。

サックサクのフランスバケットにサンドされたしっとりとした肉の旨味(肉汁もたっぷり)と新鮮な野菜が引き立つ逸品です。

個人的にはベトナムで食べたバインミーで一番旨いのはここRuNam d’or(ルナム・ドール)のバインミーです。

タウフー

デザートもいただきましょう。という事で注文したのはベトナムの伝統的なスイーツ「タウフー」です。

「タウフー」の名前を聞いて似ているなと感じるかもしれません。こちらは「豆乳」からつくられたベトナムの伝統的なスイーツです。

口の中でとろけるほど柔らかい豆乳から作られた豆腐をたっぷりのココナッツミルクで浸してあります。

上品の甘さで幸せな気分になります。

まとめ

ベトナムの大都市・ホーチミン・シティ(サイゴン)で最高評価を得ているオシャレカフェ「RuNam d’or(ルナムドール)を紹介しました。

ホーチミンシティの観光名所、ノートルダム大聖堂やサイゴン中央郵便局から徒歩5分と交通の便もよいここRuNam d’or(ルナムドール)。

ぜひホーチミン観光の際にたちよってみてはいかがでしょうか。

涼しくオシャレな店内で過ごすひとときで心も体もリラックスできる事間違いなしだと思います。

本ブログは世界の観光地や街の様子を紹介しています。

また筆者が生活するシンガポールのみどころや観光では行かないようなローカルな街の様子も紹介しています。興味がある方は下記からフォローして頂けると嬉しいです。

expat life エクスパットとして働く - にほんブログ村

世界の街の様子やシンガポールの街を詳しく紹介するYouTubeチャンネルも運営しています。こちらも興味がある方はご覧頂けると嬉しいです。

面白いと思った方はチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

シンガポールランキング
シンガポールランキング

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました